レオンの熱中ゲーム録

ポケモンの構築などをつづってます!

ポケモン竜王戦(伝説ありシングル)ー使用パーティ 

 こんにちは。レオンです。ポケモン竜王戦、僕の対戦分は終幕しました。showdownのほうでは一位、仲間大会では二位とそこそこいい成績を収めたんですが、やはり練習と本番では違いますね。どうにも振るわずといった感じでした。使用したパーティを残しておこうと思います。

f:id:Reon_poke:20171203181234p:plain

 ・イベルタル(せっかち)@チョッキ

f:id:Reon_poke:20171121233938g:plain

努力値:H4 A4 Bx C124 D132 S244

技:悪の波動/叩き落とす/不意打ち/とんぼがえり

・S:ルナアーラ抜きかつ同族抜かれ(ミラーで下からとんぼしたいため)

 D:特化ゲンシグラードンの火炎放射を2耐え

 余りを振り分けた形です。叩き落とすを採用することで初手のスカーフテテフやスカーフカイオーガとかち合った時も対面処理ができるため優秀でした。

 

クチート(ゆうかんS0)@メガ

f:id:Reon_poke:20171203180846g:plain

努力値:H252 A142 B116
技:アイへ/ふいうち/みがわり/気合パンチ

・HB:メガギャラドス地震を受けた後に身代わりを貼るHPが残る

  :威嚇込で鉢巻ナットレイのジャイロボールをみがわりが確定耐え

・余りをAに振った形です。ナットレイミミッキュに後投げして処理します。全試合選出したと思う。

ミミッキュに対してとんぼから後出しし、みがわり→グラードンに対して気合パンチをうってからイベルタルにひくというようなプレイをしてました。じゃれつくを切ってアイへにしたので、メガギャラの前で一回みがわりを貼らないといけないのが厳しいところですが。

・反省点として、Sは無振り30族抜きに収めておくべきだったかもしれません。モロバレルに上から胞子を撃たれて最長眠りで負けたのが非常に惜しかったです。

 

ミミッキュ(意地) @襷

f:id:Reon_poke:20171203184228g:plain

努力値:H4 A252 S252
技:じゃれつく/シャドクロ/かげうち/剣の舞

・テンプレ構成です。レックウザの処理を任せてます。思ったよりも選出機会があまりなかったので失敗だったかなあと思ってる枠。

ガマゲロゲ(おだやか) @残飯

f:id:Reon_poke:20171203184246g:plain

    努力値:H4 B172 C4 D252 S76

 技:こごえる風/大地の力/どくどく/守る

・S:こご風一回で最速ランドロス抜き

・HD:カイオーガの冷ビを残飯込みで3耐え

・HB:特化クチートのじゃれつく、特化メガメガバシャのとび膝耐え

カイオーガやサンダーなどの電気タイプを担当します。カイオーガキラーではありますが、冷ビが普通にがっつり入るので守るがないと毒殺は無理です。大地をうってもクチート、バシャは落とせませんが、いい打点をとることができます。ぶっつけ本番で投入しましたが、かなり活躍してくれました。大地でツンデツンデを狩ってくれたのはよかった。

ランドロス(意地) @スカーフ 

f:id:Reon_poke:20171203184310g:plain

努力値:H4 A252 B36 Cx D4 S212
技:地震/いわなだれ/とんぼ/逆鱗

・S:最速135族抜き

・Aぶっぱで残りはクチートレックウザを意識してBに振りました。レックウザやマンダ、ランドロスに対して逆鱗があるかないかで勝負が分かれることが相当あるので、スカーフランドの逆鱗はgoodだと思います。もともとドラゴンZで使ってたんですが、コケコを上から倒したかったのでスカーフに。

ゲッコウガ(おくびょう)@水Z 

f:id:Reon_poke:20171203184331g:plain

努力値:B100 C156  S252
技:冷ビ/水手裏剣/ハイドロカノン/とんぼ

・HB:特化ランドの地震を確定耐え

・S:アーゴヨン意識で極振り

・余りCです。初手のカバルドンを吹き飛ばすポケモンがほしかったので採用。もともとコオリZだったのですが(レックウザも倒せるため)、パーティ内で相手のクチートが非常に重かったのでミズZに。実際、本戦でも2,3度クチートを屠ってくれたのでこれでよかったかなと思います。また、ミズZにすることでバシャーモをZ+手裏剣で守るを貫通して倒すことができるのも魅力的でした。

 

~以下雑記~

イベルタルは伝説の中でも特殊な役回りが要求されるポケモンで、今回の構築では物理の相手をするのがほぼ不可能だったため、選出などが縛られやすくもう少し考察の余地があったかなと感じました。伝説選びとしてレックウザのようなパワーのあるポケモンを採用したほうが、勝ちやすかった・・かもしれません。

 まあそれでもイベルタルは個人的に全ポケモン中で最も好きといっていいくらいかっこよくて魅力的なポケモンだったので、イベルタルを軸としてしっかりパーティを練ることができたのはよかったかなと感じています。

・また、1つ目のロムで潜った時はクチートの技がじゃれつくだったのですが、レートならともかく対戦数の限られる大会においてメイン技を命中不安にするのがいかに愚かかというのがよくわかりました。そもそも竜王戦は予選突破人数が5人ということで、どんな構築を使っていようが勝利の女神に愛されることが必須条件だったので自分から負け筋をつくるような構築は避けるべきだったなと感じました。

・これから卒論と就職があるのでポケモンに熱中するのは一時おさらばしようと思いますが、showdownを観戦してたらWCS2018に無性にワクワクしてるので落ち着いたら色々育ててみたいなーと思います。

・このブログを通して竜王戦通してかかわってくれた方には本当に感謝です!これからもちょくちょく更新しようと思うのでよければ絡んでくださいね☆ ではではノシ