レオンの熱中ゲーム録

ポケモンの構築などをつづってます!

勝率8割超!?爆速デュエルキングデッキ紹介!<カオス+バスブレ>

こんにちは!レオンです!

 

先日『遊☆戯☆王 デュエルリンクス』を始めたんですが、おもしろいですね!

俺は元OCG勢(ArcVくらいまで)なので、デュエルリンクスで懐かしのカードが活躍できているとうれしいです。

 

今回は、「バスターブレイダー」デッキで一気に"デュエルキング"に到達することができたので、その紹介をします!

 

目次

1.使用デッキ

2.コンボ(1キルルートなど)

3.立ち回り

    3-1.vs青眼

    3-2.vsD-HERO  

    3-3.vsヴァンパイア

 3-4.基本立ち回り

 

 1.使用デッキ

f:id:Reon_poke:20181129215236j:plain

f:id:Reon_poke:20181129221528p:plain



使用デッキです!

 〇『カオスソルジャー-宵闇の使者-』の採用

f:id:Reon_poke:20181129221106p:plain

星8/闇属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターの数が同じ場合に、
その内のどちらかの属性を全て除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの属性は「光」としても扱う。
このカードが特殊召喚に成功した時、
特殊召喚するために除外したモンスターの属性により、以下の効果を発動できる。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
●光:フィールド上のモンスター1体を選択して除外する。
●闇:相手の手札をランダムに1枚選び、相手のエンドフェイズ時まで裏側表示で除外する。

 

  めちゃくちゃ強いです。積んでもいいと思います。デッキの動きとして、「①伴竜(ヴィザードサーチ)→②バスブレSS→③ヴィザード装備→④伴竜回収」というのが 基本の初動なんですが、上記の流れで自然に「墓地に闇1枚、手札に消化予定の光1枚」という場をつくることができます。次のターンに、上記②の時点で「闇1枚・光1枚」となり、召喚条件を満たせるわけです。この場合は、除外するのは闇を選びます。ウィザードで伴竜を回収したいですからね。

 

ちなみに、効果は基本使いません(笑)。ほぼ殴り専用です。ただ、光属性を除外し

たときの「モンスター1体除外」効果が強力なので、こちらは割と使います。

D-HERO-ディシジョンガイ』を突破する数少ない手段の一つです。

 

 〇『禁じられた聖杯』の採用

f:id:Reon_poke:20181129221126p:plain

妨害札としても優秀ですが、このデッキではもっぱらフィニッシュカードとして用いることが多いです。『竜破壊の剣士‐バスターブレイダー‐』の直接攻撃できないデメリットを打ち消してフィニッシャーにすることが多いですね!

 

エクストラデッキ

エクストラデッキは、竜破壊の剣士‐バスターブレイダー』2枚は確定。その他は割と自由でいいと思います。俺は相手の『ブラック・マジシャン』と融合できたらおいしいなーと思って『超魔導剣士‐ブラック・パラディン‐』を入れてますが、1回しか決まりませんでした(笑)。個人的には、『溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム』とシンクロするように『鬼岩城』をいれるといいと思います。

 

〇スキル

割とこのデッキの肝となるんですが、スキルは【ドローセンス:光】を採用しています。というかこの構築ならこれ以外ないと思います。引くのは『破壊剣士の伴竜』確定です。こうすることで、「初手にバスブレさえ握れていれば割となんとかなる」のです。『竜破壊の証』2枚+『砂塵の騎士』1枚でとにかくバスターブレイダーにアクセスしやすくしているのも、このスキルを前提に組んでいるからです。

 

2.コンボ(1キルルート)

   1キルルートをご紹介します。割と決まります。

〇『破壊剣士の伴竜』+『バスターブレイダー』+『カオスソルジャー-宵闇の使者-』

①『破壊県の伴竜』召喚(アームズバスターブレードをサーチ)

②伴竜効果でバスブレをSS

③バスブレにアームズバスターブレードを装備、効果で墓地に送り、ATK1000up

④墓地に光闇が1ずつそろうので、宵闇の使者をSS

これで総打点6600に上ります。『コスモブレイン』攻撃表示エンドなどの上からワンショットできるのでかなり使います。

 

〇『伴竜』+『バスブレ』+『ウィザードブレードor破壊剣士融合』+『聖杯』

①伴竜召喚、ウィザードブレードor破壊剣士融合(手札にない方)サーチ

②伴竜効果でバスブレSS

③ウィザードブレード効果で装備、墓地におくって伴竜を回収

④バスブレで直接攻撃

⑤『破壊剣士融合』でバスブレと伴竜を融合し、『竜破壊の剣士‐バスブレ-』召喚

⑥『聖杯』で『竜破壊の剣士-バスブレ-』の効果を無効にし、直接攻撃

 序盤から中盤まで、いろんな場面で狙っていけるワンショットルートです。バトル   フェイズ中に盤面を構成できるので、意表をついたワンショットが狙えます。

 

〇『伴竜』+『バスブレ』+『聖杯』

①伴竜召喚(アームズバスターブレードサーチ)

②伴竜効果バスブレSS

③アームズバスターブレード装備、墓地におくってATK1000up

④直接攻撃、ダメステに聖杯

脳筋ですが、これで4000届きます。結構使います。便利。

 

3.立ち回り

 3-1.vs青眼

まず負けません。トップメタに圧倒的に強いのは気持ちいいですね。『破壊剣士融合』と『バスターブレイダー』を握っていればほぼほぼ負けはないです。『破壊剣士融合』は手札1枚で墓地から回収できるので、気持ちいいくらいぼこぼこにできます。事故って負けると泣けます。

 

 3-2.vsD-HERO

良くも悪くも手札次第なんですが、相性はそこまで悪くないです。『バスターブレイダー』+『DNA改造手術』を並べるだけでも、相手からメインの動きで突破することができなくなるので有利に戦えます。鬼門なのはむしろ相手の『D-HERO ディシジョンガイ』の突破ですね。レベル6以上のモンスターの攻撃を受けないので、『アームズバスターブレード』で相打ち『DNA改造手術』+『破壊剣士融合』のコンボ『禁じられた聖杯』で無効にする『カオスソルジャー‐宵闇の使者‐』で除外など、処理手段を慎重に選ぶ必要があります。

 

 3-3.vsヴァンパイア

ヴァンパイアデッキは、舐めてかかれる相手ではないですが、勝手にライフを減らしてくれるので、大ダメージによるフィニッシュが狙いやすいです。『眷属』や『使い魔』など、低ステータスのモンスターを『竜破壊の剣士‐バスブレ‐』で叩ければ理想的。『ヴァンパイア帝国』のパンプを『DNA改造手術』で防げることや、『ヴァンパイアの眷属』に『聖杯』を当てて攻撃をうけることで、スキル【ドローセンス:光】が発動できることを覚えておくと役立つと思います。

 

  3-4.基本立ち回り

基本的に、『バスターブレイダー』を墓地以外の場所に除去されると厳しくなるので、相手の『波紋のバリア‐ウェーブフォース‐』は特に警戒しましょう。相手の伏せカードが2枚以上あるときは、総打点が4000出ても1体を残して他は守備表示にするなどのプレイングが必要です。こうすることで、『分断の壁』の圧力もある程度和らげることができます。また、『万能地雷グレイモヤ』にチェーンして『破壊剣士融合』を使い、『竜破壊の剣士‐バスブレ‐』を守備表示でSS、など、D-HEROデッキばりのコンバットトリックができたり、『ウィザードバスターブレード』の効果でヴァンパイアデッキの墓地効果を封殺したりと、かなりいろいろな対応ができるデッキなので、かなり楽しいと思います。

 

今は、『カオスソルジャー-宵闇の使者-』をもっと積んで、『天地開闢』でバスブレを落とすのもおもしろそうだなーと考察中です。カードトレーダーに早くでてきてくれ~

 

というわけで、<カオス+バスブレ>デッキの紹介でした!かなり強いデッキなので、興味がわいたら使ってみてくださいね。ではでは~ノシ

破壊光線を超えるロマン砲ーソラビポリZのすゝめ

お久しぶりですこんにちは。レオンです。桜も散る頃合いになりましたが、新生活にはまだまだ慣れませんね~(汗 

 

今回は、ロマン砲を撃たせたら右に出るものはない、ポリゴンZの考察です

f:id:Reon_poke:20180422182214g:plain

かわいさの中に狂気もはらむこの姿、控えめに言ってメチャクチャ好きです♪

 

みなさんは、ポリゴンZときいたら何を思い浮かべますか?

「スカーフ破壊光線」「テクスチャ10万ボルト」「眼鏡さわぐ」「偽装トリル」いろいろありますね。一説には、これになんと答えるかで生年が分かるそうですよ。

 

SMに入ってからはZテクスチャ型が一躍脚光をあびましたね。

エレキフィールド+全1段階上昇+”適応力”+”雷” の火力はまさに規格外のパワー!

しかし、ポリZの最高火力にはさらに上があるんです!

グラスフィールド+全1段階上昇+適応力+”ソーラービーム

火力指数、実に110700!!

「いや、そんなに火力だしてどうすんだよ・・・」

このダメ計をごらんください。vs『早くて固い』筆頭・メガメタグロス

(ダメージ計算器SM より) 

 

攻: ポリゴンZ Lv.50
防: メガメタグロス Lv.50
ダメージ: 160〜189
割合: 103.2%〜121.9%
回数: 瀕死率(↓)を参照
急所ダメージ: 240〜283
割合: 154.8%〜182.5%
補正: [適応]

技: ソーラービーム
威力: 180 [グラス]
タイプ: くさ*/特殊
特攻: 307+ [ラ]
特防: 130
最大HP: 155
天候: (ふつう)
相性: ×0.5      

 
 
 

 

 

 

 

 はい、もう使うしかないですね!

 

というわけで、さっそくパーティをつくってみました

ブルルの両壁とコータスの大爆発から、ポリZのテクスチャにつなぐ構築にしてみました。コータスに熱い岩、ブルルにグランドコートを装着させています

f:id:Reon_poke:20180422182214g:plainf:id:Reon_poke:20180422184624g:plainf:id:Reon_poke:20180422185054p:plain

f:id:Reon_poke:20180422185200g:plainf:id:Reon_poke:20180422185245g:plainf:id:Reon_poke:20180422185301g:plain 枠余ったら砂入れとけ

さっそく10戦ほど対戦!結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Reon_poke:20180422185721j:plain

 

 

 

もうね、そもそも無理あるわ!やりたいことバレッバレだし!レートも1400前半くらいまで落ちましたね。

下3匹選出したらレート回復して、なんかさらに切ない気持ちになったわ!

   

やはりこんなロマンパは無理なんだろうか・・・

 

 

f:id:Reon_poke:20180422190136j:plain (先生・・・)

 

というわけでもう一度構築チャレンジしてみました。今度は『絶対に読まれない』ことに注力し、ポケモンを選定。砂とみせかけて晴れパ、がしたかったので砂メンツはそのままに、ポリZのお供を変更しました。↓

f:id:Reon_poke:20180422182214g:plain   f:id:Reon_poke:20180422190508g:plain       f:id:Reon_poke:20180422182110g:plain

ポリゴンZ  ソラビ/テクスチャ/めざ炎/冷ビ  

ゲンガー@熱い岩 日本晴れ/大爆発/挑発/道連れ   

ダーテング@グランドコート グラスフィールド/大爆発/追い風/イカサマ

 

 

読めるか!?この戦術を!

 

①ゲンガーから入り、日本晴れ+爆発で退場!その後、②ダーテング葉緑素)でグラスフィールドを貼り、爆発で退場!

➂真打ポリZを出し、すべてを滅ぼす! 完璧すぎて非の打ちどころがないですね・・

ウキウキでさっそく10戦ほど対戦してみました!結果は・・・

 

 

 

 

 

 

f:id:Reon_poke:20180422185721j:plain

レート1300代まで落ちました。(そもそもテクスチャの起点どこでつくるんだこれ・・)

 

 

 でも、一回だけきれいに決まったんですよー!その時はめちゃくちゃうれしかったですね! まだまだ構築は煮詰められそうだなあなんて書いてて思いました。

 あと、ゲンガーとダーテングの相性補完がすごくいいので、ダーテングに可能性を感じましたね~ リザYやらバシャーモやらを先制して爆発で葬ってくれたときはとても頼もしかったです♪ 

 ダーテングは猫だましや追い風があるので、ダブルでなかなかがんばってくれそう!シングルでも、剣の舞やイカサマなどいい技を抱えてるのでおもしろい動きができそうです。とんぼ返りが4倍弱点になるのが玉にキズですが・・・ そこもまたマイナーポケモンを動かす醍醐味ですね!

f:id:Reon_poke:20180422193514g:plainタネボーがかわいいので孵化作業もなんのその)

 

 完全に遊び記事ですが読んでいただきありがとうございました♪ 最近なおさら忙しくなって全然ポケモンしてないんですが、気合パンチパーティとかロマン技使いたいな~って定期的に考えています☆

 皆さんも一撃必殺のロマン砲、ぜひ試してみてくださいね♪ ではでは~

 

 

 

ポケモン竜王戦(伝説ありシングル)ー使用パーティ 

 こんにちは。レオンです。ポケモン竜王戦、僕の対戦分は終幕しました。showdownのほうでは一位、仲間大会では二位とそこそこいい成績を収めたんですが、やはり練習と本番では違いますね。どうにも振るわずといった感じでした。使用したパーティを残しておこうと思います。

f:id:Reon_poke:20171203181234p:plain

 ・イベルタル(せっかち)@チョッキ

f:id:Reon_poke:20171121233938g:plain

努力値:H4 A4 Bx C124 D132 S244

技:悪の波動/叩き落とす/不意打ち/とんぼがえり

・S:ルナアーラ抜きかつ同族抜かれ(ミラーで下からとんぼしたいため)

 D:特化ゲンシグラードンの火炎放射を2耐え

 余りを振り分けた形です。叩き落とすを採用することで初手のスカーフテテフやスカーフカイオーガとかち合った時も対面処理ができるため優秀でした。

 

クチート(ゆうかんS0)@メガ

f:id:Reon_poke:20171203180846g:plain

努力値:H252 A142 B116
技:アイへ/ふいうち/みがわり/気合パンチ

・HB:メガギャラドス地震を受けた後に身代わりを貼るHPが残る

  :威嚇込で鉢巻ナットレイのジャイロボールをみがわりが確定耐え

・余りをAに振った形です。ナットレイミミッキュに後投げして処理します。全試合選出したと思う。

ミミッキュに対してとんぼから後出しし、みがわり→グラードンに対して気合パンチをうってからイベルタルにひくというようなプレイをしてました。じゃれつくを切ってアイへにしたので、メガギャラの前で一回みがわりを貼らないといけないのが厳しいところですが。

・反省点として、Sは無振り30族抜きに収めておくべきだったかもしれません。モロバレルに上から胞子を撃たれて最長眠りで負けたのが非常に惜しかったです。

 

ミミッキュ(意地) @襷

f:id:Reon_poke:20171203184228g:plain

努力値:H4 A252 S252
技:じゃれつく/シャドクロ/かげうち/剣の舞

・テンプレ構成です。レックウザの処理を任せてます。思ったよりも選出機会があまりなかったので失敗だったかなあと思ってる枠。

ガマゲロゲ(おだやか) @残飯

f:id:Reon_poke:20171203184246g:plain

    努力値:H4 B172 C4 D252 S76

 技:こごえる風/大地の力/どくどく/守る

・S:こご風一回で最速ランドロス抜き

・HD:カイオーガの冷ビを残飯込みで3耐え

・HB:特化クチートのじゃれつく、特化メガメガバシャのとび膝耐え

カイオーガやサンダーなどの電気タイプを担当します。カイオーガキラーではありますが、冷ビが普通にがっつり入るので守るがないと毒殺は無理です。大地をうってもクチート、バシャは落とせませんが、いい打点をとることができます。ぶっつけ本番で投入しましたが、かなり活躍してくれました。大地でツンデツンデを狩ってくれたのはよかった。

ランドロス(意地) @スカーフ 

f:id:Reon_poke:20171203184310g:plain

努力値:H4 A252 B36 Cx D4 S212
技:地震/いわなだれ/とんぼ/逆鱗

・S:最速135族抜き

・Aぶっぱで残りはクチートレックウザを意識してBに振りました。レックウザやマンダ、ランドロスに対して逆鱗があるかないかで勝負が分かれることが相当あるので、スカーフランドの逆鱗はgoodだと思います。もともとドラゴンZで使ってたんですが、コケコを上から倒したかったのでスカーフに。

ゲッコウガ(おくびょう)@水Z 

f:id:Reon_poke:20171203184331g:plain

努力値:B100 C156  S252
技:冷ビ/水手裏剣/ハイドロカノン/とんぼ

・HB:特化ランドの地震を確定耐え

・S:アーゴヨン意識で極振り

・余りCです。初手のカバルドンを吹き飛ばすポケモンがほしかったので採用。もともとコオリZだったのですが(レックウザも倒せるため)、パーティ内で相手のクチートが非常に重かったのでミズZに。実際、本戦でも2,3度クチートを屠ってくれたのでこれでよかったかなと思います。また、ミズZにすることでバシャーモをZ+手裏剣で守るを貫通して倒すことができるのも魅力的でした。

 

~以下雑記~

イベルタルは伝説の中でも特殊な役回りが要求されるポケモンで、今回の構築では物理の相手をするのがほぼ不可能だったため、選出などが縛られやすくもう少し考察の余地があったかなと感じました。伝説選びとしてレックウザのようなパワーのあるポケモンを採用したほうが、勝ちやすかった・・かもしれません。

 まあそれでもイベルタルは個人的に全ポケモン中で最も好きといっていいくらいかっこよくて魅力的なポケモンだったので、イベルタルを軸としてしっかりパーティを練ることができたのはよかったかなと感じています。

・また、1つ目のロムで潜った時はクチートの技がじゃれつくだったのですが、レートならともかく対戦数の限られる大会においてメイン技を命中不安にするのがいかに愚かかというのがよくわかりました。そもそも竜王戦は予選突破人数が5人ということで、どんな構築を使っていようが勝利の女神に愛されることが必須条件だったので自分から負け筋をつくるような構築は避けるべきだったなと感じました。

・これから卒論と就職があるのでポケモンに熱中するのは一時おさらばしようと思いますが、showdownを観戦してたらWCS2018に無性にワクワクしてるので落ち着いたら色々育ててみたいなーと思います。

・このブログを通して竜王戦通してかかわってくれた方には本当に感謝です!これからもちょくちょく更新しようと思うのでよければ絡んでくださいね☆ ではではノシ

 

 

 

ポケモン竜王戦2017(伝説ありシングル)ー悪タイプ枠考察メモ

こんにちは。レオンです。

 

今回は簡単に竜王戦の一般悪タイプ枠の考察をします。(メモ気味です)

 

バンギラス

f:id:Reon_poke:20171127005144g:plain

 ルナアーラベースのネクロズマに非常に強いです。おいうちを採用することでネクロズマルナアーラ・ゲンガーを逃さず刈ることができる驚異的スペックを持つサイクルカッター。後者2匹は気合玉を持っている可能性があることと、ソルガレオベースのネクロズマにはメテオドライブで確2をとられる(剣舞を積まれていたら1撃)となるため注意が必要。

 

バルジーナ

f:id:Reon_poke:20171127005428g:plain

 防御・特防共に十分な耐久をもち、とんぼ返りによってサイクルを回しやすい。また、特性ぼうじんによってキノガッサをある程度ごまかせる性能も。

 

ギャラドス(メガ)

f:id:Reon_poke:20171121235928g:plain

 最初から悪タイプではないので受け出しは困難だが、全抜き性能は高い。とくにネクロズマに圧倒的に強く、対面ならばまず負けることはない。技構成は龍舞かみくだく以外は諸説あり。

 

サメハダー(+メガ)

f:id:Reon_poke:20171127005930g:plain

 抜き性能に加え、「みちづれ」を有しているのが大きな利点。サイクルを回すのには向かないが、性能はピカ一。

 

ブラッキー

f:id:Reon_poke:20171127010120g:plain

 耐久値十分で、「あくび」や「ねがいごと」など有用な技を多く所持。選出次第では3タテを決めることも。

 

ベトベトン

f:id:Reon_poke:20170414003017g:plain

 フェアリーにつよめの悪タイプだが、いかんせん数値が不安。筆者的にはあまりおすすめではない。ルナアーラベースのネクロズマに強いですが、大半の悪タイプにいえることですし、受けループ気質のパーティに採用するくらいかなあと感じます。

 

ヤミラミ

f:id:Reon_poke:20171127010729g:plain

 メガ進化することでカバルドンなどの起点づくりを阻害することができます。また、ヌケニンと組んで「ヤミヌケ」の形をとるとカイオーガに非常に強くなります。メガ枠を食うのが悩みどころか。

 

ワルビアル

f:id:Reon_poke:20171127011129g:plain

  バンギラスのような運用が可能です。特殊耐久はバンギラスに軍配があがりますが、こちらは威嚇があるのでソルガレオベースのネクロズマともある程度やりあえます。ただ、やはり数値的には不安が残るところ。

 

キリキザン

f:id:Reon_poke:20171127011510g:plain

 おいふい択を通せればかなり強い。しかし、ネクロズマは熱風や地震もあり、安定して受け出しできるほどの耐久を確保することも難しい。タスキメタルバーストで伝説枠を粉砕する動き等、+1が必要なポケモンだと感じます。

 

ノクタス

f:id:Reon_poke:20171127011931g:plain

 夢特性「貯水」によってカイオーガを縛りやすく「ふいうち」「みちづれ」を有しているのは魅力的。こいつほど耐久値が足りていなければ割り切ってタスキしかなさそうです。両刀可能な種族値なので意表をついた動きが期待できます。

 

 マニューラゲッコウガエスパーキラーとしての用途からは外れると思うので記載なしとしました。マニューラはかなり優秀な気がしますが。悪タイプ枠は重要になりそうなので吟味する必要がありそうです。

Twitterで絡んでくれると喜びます(><) ではでは~ Twitter@kamome_spr

ポケモン(シングル)-起点づくり脆弱型ペロリーム考察

 こんにちは。今回は使ってみて感触の良かった起点づくりペロリームについてご紹介しようと思います。

 ペロリーム

f:id:Reon_poke:20171124015427g:plain かわいい

 種族値:82-80-86-85-75-72 (480) 夢特性:かるわざ

 レートでは珍しいポケモンですが、はらだいこ+かるわざのコンボはひそかに有名ですね。今作ではなんと優秀なサポート技であるねばねばネットがたまご技に追加されました。かなり有効に運用できるポケモンです。以下解説です。

 性格:せっかち(S↑B↓)(おっとり(C↑B↓)

 個体値:0-x-0-31-0-31

  努力値:c252 s252 

 持ち物:気合のタスキ

 構成:ねばねばネット/あくび/がむしゃら/火炎放射(マジカルシャイン等)

◎理想的な動き

ねばねばネット(または欠伸)をまく→②相手の攻撃でタスキまでいく→がむしゃらで瀕死寸前まで追い込む(ここで相手が交代してくれたら火炎放射で倒せます)

 

〇まず、気合のタスキを発動させたいことから、中途半端に技を耐えることは避けたいので、できる限り耐久を下げます。

〇4つめの技はどろぼう等でもありです。しかし、接触技にするとガブリアスナットレイに不覚をとるので、特殊技のほうがおすすめです。

 

 ねばねばネットをまけるポケモンとしてはかなり優秀なので、使ってみることをおすすめします! ではでは

 

 

ポケモン竜王戦2017(伝説ありシングル)ーウルトラネクロズマ考察

 こんにちは。先日、12月1日~4日にかけて行われる「ポケモン竜王戦」について簡単な考察を書きました。

ポケモン竜王戦ー伝説ありシングルー 構築考察 1 - のんきな一歩

 ※ルール※

一. 3vs3のシングルバトル

.「ウルトラサン・ムーン~過去作」のポケモンが使用可能

三.禁止伝説級のポケモンを1匹だけパーティに組み込むことができる

四.同じ道具は1つまで

 前回はレックウザカイオーガが強いだろうということで〆としましたね。今回は、禁止伝説の中でもとびぬけたパワーをもつウルトラネクロズマについて考察します。

 

ウルトラネクロズマ

f:id:Reon_poke:20171121230157j:plain

 今大会の目玉ですね。前回時点では情報がなかったので触れていませんでしたが、相当ヤバイポケモンです。簡単な説明↓

・ 種族値97-167-97-167-97-129(計754) (エスパー・ドラゴン)

・ 「日食ネクロズマ」または「月食ネクロズマ」に”ウルトラネクロZ”を持たせることで戦闘中のフォルムチェンジが可能になり、この姿になります(メガシンカに近いですが、別物です)

・ 日食ネクロズマ(鋼・超)からチェンジすることで炎技や地面技のダメージを抑えることもできます。

・ 専用技「フォトンゲイザー」は自分のステータスのうち攻撃か特殊、高い数値を使って攻撃できる技なので、ソルガレオをトレースした”日食型”,ルナアーラをトレースした”月食型”どちらにも適応する強力な技です。専用Z技も威力200のエスパー技であり、相手の特性を無視するのでミミッキュなどを一撃で倒せます。

・特性はチェンジ前が「プリズムアーマー(ハードロックと同じ)」、チェンジ後が「ブレインフォース(抜群技の威力UP)」となっています。

 

 と、これがネクロズマの性能なわけですが、強さが一目瞭然で分かりますね。素早さが129と非常に高く、メガレックウザメガボーマンダゲッコウガなどを上から一撃で倒せます。さらにメガシンカを消費しないため、他にメガ枠を用意できるのはメガレックウザとの大きな差別点です。さらにさまざまなタイプの技を覚えるため非常に止めづらく、6世代のガルーラを思い出すようなスペックです。

 覚える有用な技をピックしてみましょう。

 ・ソルガレオ(超・鋼、物理アタッカー)をベースとする場合

 →フォトンゲイザー、メテオドライブげきりん地震ストーンエッジ、はたきおとす、つるぎのまい

 ・ルナアーラ(超・霊、特殊アタッカー)をベースとする場合

 →フォトンゲイザー、シャドーレイりゅうのはどう、熱風、大地の力、パワージェム、瞑想

 こんなところですね。物理と特殊、どちらを選ぶにしてもウェポンに困ることはまずなさそうです。両方とも優秀なタイプ一致技を覚えることができます。物理の場合は竜技が逆鱗しかないので、そこが少し不満ですがね。技のラインナップとしては、ルナアーラベースのほうがブがあるといえそうでしょうか。

ウルトラネクロズマの運用

 超強力なパワーを持つネクロズマの運用について簡単に。

1.フルアタ型

 例:フォトンゲイザー/メテオドライブ/地震逆鱗 (ソルガレオベース)

   フォトンゲイザー/竜の波動//シャドーレイ/火炎放射(ルナアーラベース)

 単純な高火力で敵を薙ぎ払うタイプですね。特殊型はいろんな技が使えるので、大地の力等をいれることで鋼タイプへの打点が確保しやすくなります。

 

2.積みエース型

 物理型ならば剣舞、特殊型ならば瞑想を覚えるので、ステロまきからの全抜きを狙えます。(舞わなくても狙えそう)素早さが高いので、上から瞑想を積んでいけるのも魅力的。

 

3.バトンエース型

 じつはネクロズマアシストパワーを覚えるんです。C167から放たれるバトンからのアシストパワー・・・ ロマンティズムを感じますね。伝説戦ではバトンタッチのすきをつくるのは相当難しいですが、圧倒的なパワーで使い手を魅了してくれると思いますよ。 

 

ウルトラネクロズマと組ませるポケモン

 ウルトラネクロズマ自体が非常にスペックが高いため、周りのポケモンにはサポートに回ってもらうのがいいやもしれないですね。または、パワーのあるポケモンを並べて対面構築のようにしてしまうのも手です。

・メガギャラドス

f:id:Reon_poke:20171121235928g:plain

 相性補完に優れ、スカーフ持ちのポケモンを起点にすることができます。前門のネクロズマ、後門のメガギャラというわけで、強力な二段構えが可能です。技としては、ネクロズマに打点をとれるかみくだくを採用することをおすすめします。

メガゲンガー

f:id:Reon_poke:20171121232717g:plain

 後述がありますが、ネクロズマを上から叩けるうえ、「みちづれ」によって伝説との一対一交換が狙える非常に強力なポケモンです。ゴースト・悪弱点がかぶってしまうのは難点。

 メガシンカポケモンにしぼって紹介してみました。相性補完のいいポケモンが多いため、さまざまな組み合わせが可能なポケモン

ウルトラネクロズマのメタとなるポケモン

メガゲンガー

f:id:Reon_poke:20171121232717g:plain

 筆者の一押しです。素早さ種族値130なのでネクロズマの上から弱点のゴースト技を撃つことができます。また、「みちづれ」「トリックルーム」が使えるのが非常にポイントが高く、これをもっていることでレックウザなどとも互角に戦えます。さらに「こごえる風」「ちょうはつ」等も覚えることができ、伝説枠+@との1対1交換以上の戦果を期待できるポケモンです。他の伝説枠との兼ね合いにもよりますが、かなり優秀なメガ枠だと思います。

 

・悪タイプのポケモン

f:id:Reon_poke:20170414003017g:plain

 悪タイプとざっくり書きましたが、ベトベトンバルジーナあたりはサイクルを回しつつエスパータイプの妨害ができるため使われるかなあと思います。ただ、ベトベトン地震でやられてしまったり火力が足りなかったりでちょっと安定性に欠けるため、扱いが難しそうです。キリキザンでおいふいの択をしかけるのもおもしろいかもしないですね。

 

イベルタル

f:id:Reon_poke:20171121233938g:plain

 伝説枠を使いますが、レックウザにもイカサマによって即死級のダメージを見込めますし、前述のメガゲンガーとの相性補完も良好で、筆者が注目している伝説ポケモンの一匹です。ミミッキュに不覚をとるのが欠点ですが、素早さがミミッキュよりはやく、とんぼがえりによって一時攻撃から逃れることも可能です。

 

 今回はウルトラネクロズマについて考察しました。メガレックウザすら凌駕するほどパワーの高いポケモンですが、竜の舞の有無などで差別化でき、メガレックウザがトップメタとして君臨するのは不変でしょう。次回も竜王戦について何か書こうと思うので、読んでいただけると嬉しく思います。ではでは

 

...筆者は対戦相手がみつからなすぎて本当に困ってるので、竜王戦に興味ある方、ぜひ僕とフレ戦してください(→Twitter @kamome_spr

ポケモン竜王戦2017ー伝説ありシングルー 構築考察 1

 はじめに

 12月1日~4日にかけて開かれるインターネット大会「ポケモン竜王戦」。将棋の竜王戦とタイアップするような形で宣伝され、今回で3回目を迎える。ルールは以下の通りだ。

一. 3vs3のシングルバトル

.「ウルトラサン・ムーン~過去作」のポケモンが使用可能

三.禁止伝説級のポケモンを1匹だけパーティに組み込むことができる

四.同じ道具は1つまで

 

特筆すべきはやはり三.の伝説解禁ルールだろう。シーズン3のスペシャルレートを彷彿とさせるが、今回は幻のポケモンは使用不可能となっている。アルセウスデオキシスマギアナ等は使用できない。使用可能なポケモンは以下21匹だ。

 ミュウツー、ルギア、ホウオウ、カイオーガグラードンレックウザディアルガパルキアギラティナ、レシラム、ゼクロムキュレムゼルネアスイベルタル、ジガルデ、コスモッグコスモウムソルガレオルナアーラネクロズマ

◎伝説枠考察

 伝説ポケモンのパワーはとても高く、どのポケモンを選択するかが非常に重要だ。特に強力と思われるポケモンとそのメタとして考えられるポケモンをピックアップする。

 レックウザ

f:id:Reon_poke:20171114125103p:plain

 最有力候補。「持ち物を持てるメガシンカポケモン」であり、あらゆる数値がトップクラスである。種族値は驚異の780を誇る(105-180-100-180-100-115)。性格は陽気orむじゃきが主流とみられるが、竜舞前提であればいじっぱりにするのもあり。

 ①竜の舞型

 努力値:ASベース

   技:ガリョウテンセイ/地震(Vジェネレート)/神速/竜の舞

 持ち物:命の珠、気合のタスキ

 過去に配信されたVジェネレートもちレックウザが使用可能である。地震を切るとヒードランへの打点がなくなるが、テッカグヤナットレイを一撃で葬る火力は魅力的。タイプ・戦法がボーマンダに近いため、マンムーウルガモスと組むとより強力な布陣を敷くことができるかもしれない。

 ②こだわり鉢巻型

 努力値:ASベース

   技:ガリョウテンセイ/Vジェネレート(逆鱗)/地震/神速

 持ち物:こだわりハチマキ

 筆者がスペシャルレート期で愛用していた型。Vジェネレートを採用することで倒せる相手がべらぼうに多くなるほか、1ターン目から補正+1のガリョウテンセイを撃つことができるため、相手にサイクルを回すことを許さない。命の珠と違い耐久を削らない点もgood

 ③フルアタ、両刀型

 努力値:ASベース(C振りも視野)

   技:ガリョウテンセイ/神速/流星群/大文字

 持ち物:命の珠、こだわりスカーフ

 「両刀メガボーマンダ」と似た構成だが、範囲を重視した型。広範囲の相手に対して居座りつつ高火力の技を撃ちつづけることができる。こだわりスカーフを持つことで、相手のメガボーマンダ、スカーフ持ちカプ・テテフレックウザミラーに対して強くなることができる。

 ・レックウザメタ

 多くの技や型が存在するポケモンであり、生成される天候「デルタストリーム」内では飛行タイプへの弱点技が半分の威力になってしまうため、タイプ不一致の氷技や、岩技ではレックウザを一撃で倒すことは困難である。対策が非常に悩ましいポケモンだ。

 ①ゲッコウガ

 

f:id:Reon_poke:20171114131258g:plain

 ゲッコウガレックウザよりも素早く、タイプ一致となる冷凍ビームを撃つことができる。しかし竜舞を許してしまうとなすすべなく倒されてしまう。

 ②スカーフ持ちカプ・テテフ

f:id:Reon_poke:20170414002732g:plain

 こちらも対面からであればレックウザを倒すことができる。タスキでも可。ただし、初手で対面すると特性の発動順でスカーフを警戒されることも。

 ③ミミッキュ

f:id:Reon_poke:20170326182730g:plain

 一般ポケモンでは群を抜いて優秀なポケモンミミッキュZ、トリックルーム、また、Zを切らなくとも珠ダメージ+じゃれつく+影うちで倒すといった動きも可能。反則級のこいつの性能もまた伝説級か。

 ④メガボーマンダ

f:id:Reon_poke:20170324165435g:plain

 威嚇による攻撃力下降、さらに素早さがレックウザよりも早いため、上から流星群を撃つことができる。竜舞を許したとしても威嚇を入れれば性格補正なしの珠ガリョウテンセイを耐えるので、レックウザ側が逆鱗や流星群を持っていない場合はかなり有利なポケモンといえる。

 

カイオーガ

f:id:Reon_poke:20171114132637j:plain

 C150という暴力的な数値から放たれる雨下の潮吹きを等倍で受けられるポケモンはまず存在しない。カイオーガについてはゲンシカイキよりもこだわりスカーフで運用されることが主流になると思われる。カイオーガメガラグラージのようなthe power構築も一興だろう。

 こだわりスカーフ

 努力値:CSベース(ひかえめ)

   技:しおふき/なみのり/冷凍ビーム/雷

   持ち物:こだわりスカーフ

 説明不要の暴力シャチ。一度不利対面をつくってしまおうものなら、エサとして捕捉されたも同義。1匹は生贄を差し出すことになる。対策が不十分だったならば3ターンで3タテされることも平然と起こりうる。技としては波乗りではなく根源の波動も採用範囲だが、命中を重視しここでは波乗りとした

 他、割愛するが、ゲンシカイキ型では耐久振りなども視野に入るだろう。

カイオーガメタ

 ①グラードン

f:id:Reon_poke:20171114134047p:plain

 ゲンシグラードンカイオーガを対策するうえで最も優秀なポケモンだ。特性「おわりのだいち」から発動する日光はすべての水を蒸発させ無効化する。カイオーガに後出しが非常に安定し、さらに超高火力な技を交代先のポケモンにぶち込むことができる。

 欠点としては、伝説枠を使ってしまうことだ。グラードンを採用するならば、カイオーガメタであると同時に、グラードンをエースに据えるようパーティ全体を練るべきといえるだろう。グラードンレックウザにたいして有効な打点を確保しずらいので、その点もうまくサポートしてあげる必要がある。その一方、ミミッキュに対してはタイプ・数値的に強く出られるので、パーティの強力な力になってくれるだろう。

 ②ルンパッパ

f:id:Reon_poke:20171114134814g:plain

 特性「すいすい」によってカイオーガの上をとりつつ草技を撃つことができる。さらに水タイプの技を4分の1ダメージに抑えることができるため、後出しも安定しやすい。普通のパーティに組み込むにはピンポイントと言わざるを得ないが、どうしてもカイオーガが重い場合は採用する価値ありだ。

 ③エレザード

f:id:Reon_poke:20171114135011g:plain

 特性「かんそうはだ」によって水技を無効にしつつ、回復も兼ねることができる。ミミッキュより素早く、影うち向こうのノーマルタイプなのもgood。「へびにらみ」等優秀な技を覚えるので、一考の余地はありそうだ。

 ④レックウザ

f:id:Reon_poke:20171114125103p:plain

 元も子もない話だが、レックウザカイオーガ対策もある程度可能なポケモンだ。対面であれば冷凍ビームを耐えることができるし、潮吹きに対してもタイプ+「エアロック」によってダメージを抑えながら後出しすることができる。カイオーガ使いとしては、サイクル内でレックウザを削り倒す方法を模索することになるのでは。

 とりあえず考察1の結論としてはやはりレックウザがトップにくるだろうという形だ。伝説戦は普段と違う、よりパワフルな構築が使用できるので、これを公式大会でプレイできるのは非常に楽しみ。あれこれといろいろな構築を考えているので、書く気になったらまた書いてみたいと思う。 ではでは